リサイクル活動の現状と将来の展望

まずは近所付き合いを深めよう

いきなり自宅にやってきて「〇〇に協力を!」と言われてもほとんどの人は素直に協力しようという気にはならないでしょう。セールスの基本テクニックの一つに「まずはお客様と親しくなる」というものがあります。世間話でも良いので何回か会話をして親睦を深める事でお客様を「この人の話なら聞いてもいいかな」という気持ちにさせるのです。地域のリサイクル活動を行う上でも同じことが言えます。

リサイクル活動に協力してもらう上で一番大切なのは人間関係です。まずはリサイクル活動を行う地域の人全員と定期的にあいさつ程度でも良いので言葉を交わすようにしましょう。知らない人からの言葉は心に届かなくても、普段挨拶してくれるご近所さんの言葉は「そうだな、協力しよう」というように心に届くのです。

上から目線には注意しましょう

リサイクル活動は素晴らしい事です。ですがそれゆえに注意しないといけない事もあります。一番いけない事は「自分は正しい事をしている」という意識を持ってしまう事です。自分は正しい事をしていると考えた時、人間はとても傲慢な存在になりがちです。そうした時に陥りがちなのが上から目線で相手にリサイクル活動を強制してしまうという過ちです。

自分に置き換えて考えていただくのが一番判りやすいですが、上から目線でものを言われると正論でも反抗したくなると思います。人に理解を求める時には常に謙虚な気持ちで相手を対等な存在として尊重する事を心掛けてください。正しい事を言えば人はついてくると考えるのは間違いです。この人なら信用できるという人間に人は従う物なのです。