• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

リサイクル活動の現状と将来の展望

地域でリサイクル活動を成功させるには何よりも地域の一体感が重要になります。人間の心理として知らない人から言われるよりも良く知っている隣人から言われたことの方が「ルールを守らないといけない」という協調性の意識が強くなるからです。この協調性を如何に上手く刺激するかが活動の鍵です。 続きを読む

地域でのリサイクル活動の成功法

地球環境を守るためにもリサイクル活動が必要だと提言されてから随分と時間が経ちました。ではリサイクル活動の実情はどうなっているのかを見てみると個人の活動にとどまっている事がほとんどのようです。意識的にリサイクルを心掛けている人もいれば、リサイクルを考えずにごみを捨てているという方も残念ながらいらっしゃいます。

リサイクル活動の現状から考えると個人にリサイクルを呼び掛けるという活動段階は限界を迎えているのではないでしょうか。つまりもうリサイクル活動を行おうとする方はすでに行っているので、ただ単に「リサイクル活動に協力を」と呼び掛けても応える人がもう居なくなってしまっているのです。そこでこれからのリサイクル活動は次の段階に移行する時期が来ているのではないかと思われます。

つまり個人の活動に頼るのではなく、地域全体でリサイクル活動を行うようにするという事が必要になってきているのです。地域と言っても町内会などの自治組織から市町村などの行政単位まで色々と定義が出来るのですが、ここでは主に町内会などの自治組織で行う活動を取り上げたいと思います。その理由として市町村ではすでにゴミの分別収集などを行う事でリサイクルを行おうとしています。

しかし残念ながらそうしたゴミ出しのルールを定めても守らない人はどうしても一定数存在します。自治体側もルールを守らないゴミは回収しないなどの措置を取っているのですが、マンションなどの集合住宅ではゴミ出しの場所が自分の部屋の前ではないので、いい加減なゴミの出し方をしていたりとあまり効果が上がっていないのが実情のようです。

おすすめリンク

リサイクル活動の将来

リサイクル活動は将来的にどうなるかを予測してみると最終的には法律によって罰則付きのルールが制定されるのではないでしょうか。残念な事に「罰」がないとルールを無視してしまう人間はどうしても存在します。そうした人間にルールを守らせるには強制力のあるルールを制定するしか方法が無いのです。 続きを読む

昔の方が優れていたリサイクル

意外に思われるかもしれませんが、理想のリサイクル社会を挙げるならば江戸時代が最も優れたリサイクル社会でした。使わなくなった古着や壊れた鍋などの金属製品、ちょっと汚い話で申し訳ないですが人の排泄物まで完全にリサイクルできるシステムが出来上がっていたのです。 続きを読む